ホーム > 事務作業 > 中間申告書ができました

中間申告書ができました

途中、心が折れて予定申告でいっかぁ?って思っていた時期もありましたが、なんとかメドが立ちましたの。

申告・納税期限は1/31日。まあいつだってギリギリですよ。

さて、中間申告書の提出ですが、

  • 法人税
  • 都道府県民税(事業税)
  • 市民税

と大きく3つにわかれています。法人税はもちろん税務署。
ただいま深夜2時。e-Taxを駆使して(ってほど使いこなしてないけど)なんとか出来上がり、署名を施し送信を試みるも・・・。

そうなんです。e-Taxは24H営業ではありません。代表社員のように、平日日中帯はほぼ外出しているような人には、e-Taxはあんまり恩恵がありません。仕方がないので午前8時半まで待って送信。ペイジぃ使って納税も完了。
財務諸表だけは税務署に手持ちします。

そして次は、県民税と市民税。これらはeLTAXという地方税システムを遣います。利用登録はすでに済ませていたのですが、滅多に立ち上げたりしないのでちょっと不安。

ちなみに県民税については、予定納税用の「プレ申告データ」というメッセージ及び、金額印字済みの予定納税申告書が郵送されてきておりました。親切な感じで好感ドアップですが、今回はそのどちらも遣いません。新規に申告データを作成し、署名までは完了しております。このeLTAXもまた、24H営業ではない模様。こちらも朝8時半まで待って、送信。ここまでは予定通り。ところが納税が出来ない。いつまで待っても出来ない。あちこちいじっても出来ない。仕方がないのでeLTAXのサポートに電話すると、オペレータの女性が大変親切に教えてくれました。

『千葉県、千葉市は現在、電子納税には対応しておりません。』

なるほどね、そういうことか!

事前に県と市から送付されていた納付書に金額を記入し、銀行窓口へ。。無事に納税完了です。

先ほど税務署に決算書提出して、全ての手続きがおわりました。(と思う)

さて、一連の手続きを終えて。

・e-TaxとeLTAXは連携して欲しい
・24時間受け付けて欲しい
・納税まで対応して欲しい

というのが感想。県民税・市民税の申告書は、法人税の申告書ができたら概ね自動的に出来上がるはずですなんだけどね。以前に比べりゃだいぶ便利にゃなったのだろうけど、どうせやるなら使う側の利便性を考えよう!

【2012-01-31 19:04 追記】
千葉南税務署から11:57に電話ありました。
e-Taxで提出した中間申告書の事業年度期間を間違ってて受け付けられていない旨の連絡。が〜ん!

今日中に再提出、そうしない場合は自動的に予定申告になるそうで。地方税も芋づる式に予定申告になるのだろう多分。納税額も倍以上に跳ね上がるし、なにより仕事が忙しい中、超がんばったのにこの努力が全て水の泡だ。Bubble of Waterだ。。(ーー;)

e-Taxの受付は21時までとのこと。電子署名が必要だ、事務所(自宅)じゃなきゃできない。急いで帰宅だっ♪

【2012-01-31 20:00 追記】

e-Taxにて送信完了。送信時刻は19:51。締め切り69分前だ。一箇所直して署名、送信するだけかと思ってたけどちょっと違った。
まず、送信済みの申告書は修正できない仕様のようでした。仕方ないからコピーして、『〜2回目』みたいな名前つけました。税務署の話しだと別表1の(1)の事業年度のところ直すだけなんだけど、直せない?っていうか他の項目は直せる。。しばし悩み、ひらめきました。基本情報という画面から直すのか!なるほど全ての別表に共通な情報だものね。思うに、税務署の方はe-Taxの使い方あんま知らないんだな。笑
にしても、何でこんなとこに中間までの期間書いちゃったんだろうな。別表1の(1)をよく見ると中間申告の場合の期間って項目もあるし。

あとは送信した中間申告書が無事に受け付けられますように!

カテゴリー: 事務作業 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。